女性の薄毛の原因について

女性の薄毛の原因を考えてみよう。

日本全国で600万人の女性が薄毛で悩まれています。 10人に1人の割合になります。
この10人に1人とは女児も含まれますので、女児を除くとこの割合はもっとおおくなります。

 

では、なぜこれほどまでに女性が薄毛で悩むのでしょうか、この薄毛の原因について考えてみたいと思います。

 

食生活が原因で薄毛になる

中性脂肪が増えてしまう、高カロリー、高脂肪食の欧米化のお肉の食事は、頭皮にある毛細血管を詰まらせてします可能性があります。
髪の毛に栄養を運ぶ血管がつまってしまうと頭皮に栄養が行かなくなります。

 

間違った髪の毛のお手入れは薄毛の原因

いつも同じ分け目にしていると、薄毛になります。
これは頭皮が紫外線を受け、頭皮にダメージを与えるからです。ですので、分け目は出来るだけ変えて頭皮を休めることも必要です。

 

そして、頭皮を冷やし過ぎないことです。夏場の冷房の効いている部屋にいますと、頭皮の血行不良となり栄養が届きません。
また、髪の毛を洗わないという人はいないでしょうが、たまに洗わないこともあったりとう人もいるでしょうが、これも薄毛の原因です。
頭皮も皮膚と一緒です。汗もかきますので洗わないでいると毛穴の汚れで炎症を起こすこともあります。

 

シャンプーの仕方で薄毛になる

シャンプーは髪の毛の汚れを落とすことと頭皮の汚れを落とすことが重要です。
よく頭皮をゴシゴシと洗う方がいますが、これは頭皮を傷つけますので、頭皮は優しく丁寧にマッサージをするように洗うことが大切です。
そして、最後のすすぎではしっかりシャンプーを洗い流すことです。
シャンプーが頭皮に残っていると頭皮のトラブルが起きます。

 

極端なダイエットは薄毛になる

極端なダイエットは当然栄養が摂取することができません、よって頭皮に栄養が行き渡らないのです。
人の体はよくできていて、生命活動で欠かせない臓器が第一優先で栄養が使われます、髪の毛はそういった臓器の後に栄養がいきますので、必要な栄養が足らなければ常に頭皮には栄養がいきません。

 

肥満も薄毛の原因

肥満の場合の薄毛の特徴は、分け目の部分の部分薄毛ではなく、全体的に薄くなっています。
肥満は薄毛だけでなく、高血圧、心臓病、糖尿病といった病気になりやすくなりますので注意が必要です。

 

ストレスも薄毛の原因です。

このストレス性の薄毛は30代の女性が多い傾向があります。
人間関係や家事、恋愛、ダイエット、育児など様々な要因があるんでしょう。
ストレスをかかえると自律神経がおかしくなりホルモンバランスを崩します。

 

老化も薄毛の原因

老化は避けられないことです。ですが、今ではアンチエイジングなど言葉があるように、その老化を遅らせることもできるようです。
さて、老化が原因の場合の薄毛は男性の場合は髪の毛の生え際、女性の場合は全体的に薄くなります。
まずは、女性ホルモンの分泌量が減りホルモンバランスを崩すことによります。

 


S-1 無添加シャンプー